もう重力なんて怖くない!【ほうれい線やたるみ問題は整形で解決】

美容

美容成分でケア

豊胸手術の方法について

女性

現在美容外科クリニックで行われている豊胸手術は、人工乳腺バッグ挿入法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法の3種類が中心になっています。東京には、最新の皮膚再生療法を利用した豊胸手術を行っているクリニックもありますが、全国的に見ると限られた少数派になっています。東京は日本一の人口を誇る大都市ですから、いろいろな人が住んでいます。豊胸手術を受けるのは女性であるのが普通ですが、東京では男性が豊胸手術を受けることもよくあります。いわゆるニューハーフの人が手術を受けるケースなのですが、そのような需要も一定数あるため、東京の場合は、他の地域よりも豊胸手術に力を入れる美容外科クリニックの数が多くなっています。具体的にどの方法で豊胸手術を受ける人が多いのかというと、一昔前までは人工乳腺バッグ挿入法による手術を受ける人が圧倒的多数を占めていました。しかし、手触りや見た目に違和感がある、術後のケアが面倒だなどという理由から、ここ数年はヒアルロン酸注入法による手術を選ぶ人が多くなってきています。

ヒアルロン酸注入法の特徴について

ヒアルロン酸注入法による豊胸手術には、料金が安いというメリットがあります。安いと言っても50万円前後の費用がかかるケースが多いのですが、人工乳腺バッグ挿入法や脂肪注入法に比べると、費用負担を軽くすることができます。また、ヒアルロン酸注入法には、術後のケアが不要だというメリットがあります。人工乳腺バッグ挿入法の場合は体の中に異物を埋め込むことになりますので、放ったらかしにしておくと皮膜拘縮が起こってしまいます。皮膜拘縮が起こってしまった場合は、費用と手間をかけて人工乳腺バッグを除去する手術を受けなくてはなりません。そんなことになってしまっては大変ですので、術後しばらくの間は乳房マッサージを続ける必要があります。でも、ヒアルロン酸注入法ではそのようなことをする必要が一切ありません。そのため、忙しい人でも気軽に手術を受けることができます。